PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

●BBE ○Green Screamer

2010seal.gif
チューブ・スクリーマーを意識したネーミングからも判るように、いわゆるヴィンテージ・タイプのオーバードライブ。コントロールもレベル/トーン/ゲインとシンプルな構成になっている。ゲインもあまり高い設定にできないが、全体を通してBBEならではの主張や設計思想を明確に感じ取れる仕上りになっている。低音域はオリジナルのヴィンテージ・モデルよりも若干少ない感じがするが、トータルなシステムの中では却ってサウンド・メイキングに適した特性と言える。トーンの可変幅が広く、高音域を伸ばしたセッティングにもできるので、例えばストラトとチューブ・アンプを組み合わせて、テキサス系のギター・サウンドの演出もできる。スムーズかつウォームな歪み音が得られる一台だ。

02_BBE_GreenScreamer.jpg

価格=19,950円
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Gain=5
・Level=4
・Tone=5

Rightトラック(ソロ)
・Gain=6
・Level=4
・Tone=7

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広


●BLACKSTAR ○HT-Drive

2010seal.gif
真空管ギターアンプにおいて定番となっている12AX7プリ管を搭載した、真のチューブ・オーバードライブだ。その存在を主張するかのように中央に配置された真空管は、持てる能力をフルに発揮させるべく、付属の専用ACアダプターから供給される電圧を約300ボルトまで内部的に昇圧している。双三極管の2つのドライブ回路をカスケードに接続して生み出されるオーバードライブは、極めて自然でウォームな感触を持っていて、クランチからハードまで幅広いオーバードライブ・サウンドを出力する。ギター側のボリューム操作などにも的確に反応した上質なトーンが得られる。シンプルなハイカット・フィルター的なトーン・コントロールも使い易くチューニングされている。

03_BLACKSTAR_HT-Drive.jpg

価格=26,250円
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Gain=5
・Level=6
・Tone=5

Rightトラック(ソロ)
・Gain=7
・Level=4
・Tone=6

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広

●CREWS MANIAC SOUND ○G.O.D

2010seal.gif
エフェクターと言う領域を大幅に超越した機能を備えたユニットだ。個性的なデザインのボディには、オン/オフ・スイッチに加えて、別々の2つのゲインを設定して切り替えできるA/Bスイッチを搭載。ハイエンドなベースに内蔵する高品位なアクティブ回路等を製作してきた高い技術力が投入され、イコライザーも非常に充実している。3バンドEQの内、ベースとトレブルには帯域を切り替えるスイッチが搭載され、さらに中音域を中心にトータルなサウンド・キャラクターを変えられるコンツァー・コントロールも装備し、多彩なサウンド・メイキングを実現。基本的にゲインは高く、ナチュラルでスムーズ。ギターのボリューム等に鋭く反応するオーバードライブが得られる。

06_CREWSMS_GOD.jpg

価格=35,700円
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Gain A/B=A
・Drive=6
・Output=5
・Bass=5
・Middle=6
・Treble=7
・Bottom Shift=On
・Treble Shift=Off

Rightトラック(ソロ)
・Gain A/B=B
・Drive=7
・Output=4
・Bass=4
・Middle=6
・Treble=5
・Bottom Shift=On
・Treble Shift=On

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。