PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

●VOX ○Ice9

2010seal.gif
ジョー・サトリアーニとのコラボレーションにより誕生したシリーズで、随所にジョーのアイデアがちりばめられている。厳選されたパーツを採用し、ヴィンテージとモダンの対照的な2つのモードを備えたオーバードライブだが、基本的には極めて品が良くソフトな仕上りである。歪み回路の後で音質を補正するトーン・コントロールはマイルドなチューニングとなっている。さらに回路前で低音域のレベルを調節するベース・コントロールが用意されていて、控え目な歪み時に顕著な効果を発揮する。マーシャルなどのアンプを使用して、バッキングではブースター的に使い、ソロの時はブースト・スイッチのモアをオンにする等が、本機の性能を遺憾なく発動できる使い方と言える。

27_VOX_Ice9.jpg
価格=15,750円
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Gain=5
・Volume=4
・Bass=6
・Tone=8
・More Drive=Off
・Vintage/Modern=Modern

Rightトラック(ソロ)
・Gain=6
・Volume=4
・Bass=4
・Tone=7
・More Drive=On
・Vintage/Modern=Vintage

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。