PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

●VISUAL SOUND ○Open Road

2010seal.gif
ビビッドなイエロー・カラーと大型で個性的なデザインを採用した外観を持っているが、非常に基本に忠実で、独自のアイデアが盛り込まれたモデルだ。基本的にはストレートな正統派オーバードライブで、適度にローはカットされているが、あまりミッドレンジが主張しないフラットな印象を受ける。歪みは上質で、濁り感が抑えられた心地良いサウンドを実現している。ドライブ・コントロールを絞るとかなりクリーン近くにまでゲインを抑えられるので、ブースター的にも使える。トーン・コントロールが特徴的で、ハイパス・フィルター的ではなく、ハイミッドをバンドパスでカット/ブーストした感覚があり、ツマミを上げて行くと快活なニュアンスのサウンドを得られる。

26_VISUALSOUND_OpenRoad.jpg
価格=18,900円
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Drive=6
・Volume=5
・Tone=6

Rightトラック(ソロ)
・Drive=8
・Volume=5
・Tone=7

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。