PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

●T.REX ○Tonebug Distortion

2010seal.gif
ダイキャスト成形のボディは、これまでのストンプ・ボックスには無かったタイプの洗練されたデザインで、新鮮な印象を受ける。機能的にはシンプルだが、ツブが細かくスムーズで上品なサウンドは、同ブランドならではの質感を持っていて、ワウを半開きにしたようなミッドレンジを強調したディストーション・サウンドが得られる。歪み方は、コンプレッション感が非常に強く、ピッキング時のアタックも程良く押さえ込まれる感じだ。これはゲインを上げた時の強力なサステインにも繋がっており、反対にゲインを絞ったクランチ・サウンド時の雰囲気とは明確に異なるキャラクターを生み出す。トーン・コントロールの可変幅はそれ程広くないが、絶妙な効き具合を持っている。

24_TREX_TonebugDist.jpg
価格=オープン・プライス
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Gain=6
・Level=4
・Tone=5

Rightトラック(ソロ)
・Gain=7
・Level=4
・Tone=6

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。