PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

●T.REX ○Mudhoney

2010seal.gif
ゲイン/レベル/ボリュームにブースト・スイッチと言う、非常にシンプルでオーソドックスなコントロール類だが、全てに於いてディストーンの原点に忠実に設計されている印象があり、どのコントロールも期待通りの働きをする。素直で効きの良いトーン・コントロールに加えて、ブースト・スイッチとゲイン・コントロールの組み合わせにより、クランチなブルース・サウンドからハードなディストーションまで、広い守備範囲を持っているモデルだ。程良く低音域がカットされ、若干ミッドレンジが強調された基本的な歪みサウンドは、あくまでも上質で洗練されており、ギター側のボリューム・コントロールやプレイヤーのピッキング・ニュアンスにも忠実に応えてくれる。

23_TREX_Mudhoney.jpg
価格=オープン・プライス
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Gain=5
・Level=5
・Tone=6

Rightトラック(ソロ)
・Gain=7
・Level=4
・Tone=7

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。