PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

●PROVIDENCE ○Final Booster FBT-1

2010seal.gif
ファイナル・ブースターと言う名前を持ったフルレンジのクリーン・ブースターで、ブースト・ツマミを一番絞った状態では入力と出力のレベルが1対1のユニティ・ゲインとなり、そこからツマミを回して行くと最大で20dBのブーストが可能だ。大きな特徴はプロビデンス独自のバイタライザー回路で、入力されたギターからの信号を損なうこと無く、生き生きとした状態のまま後に繋がる機器へ送り出せる。エフェクト・オフ時にもバイタライザー回路を通過するので、複数のエフェクターを使う場合、バッファーとして最初の方に接続し、直後に歪み系のエフェクターを配置すれば効果的である。またファイナルと言う通り、真空管アンプに入力する直前に接続するのも良いだろう。

19_PROVIDENCE_FBT-1.jpg
価格=21,000円
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Boost=5

Rightトラック(ソロ)
・Boost=7

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。