PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

●HUMAN GEAR ○Fine Fat OverDrive

2010seal.gif
ブティック・メーカー然とした雰囲気を持った外観も特徴的だが、中身もメジャー・メーカーとは大きく一線を画している。3つのベーシックなコントロールに加え、高音域を調整するスイッチが装備されている。トーン・コントロールと併せて使えば、オーバードライブを変化させた独特なサウンド・メイキングが楽しめる。ドライブ・ツマミに加えて入力感度の切り替えスイッチがあり、レンジの広いゲイン・コントロール可能だ。基本的なオーバードライブ・サウンドは極めて自然で、一般的なオーバードライブのように低音域が痩せ過ぎずファットである。コードを弾いた時と単音のメロディでの音量差も、真空管アンプのように自然なコンプレッション感が備わっており、気持ちが良い。

12_HUMANGEAR_FineFat.jpg
価格=35,700円
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Drive=5
・Volume=5
・Tone=6
・Drive Switch=Off
・Tone Switch=Off

Rightトラック(ソロ)
・Drive=6
・Volume=4
・Tone=5
・Drive Switch=On
・Tone Switch=On

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。