PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

●BOSS ○ML-2

2010seal.gif
ボスHM-2の進化形に位置し、時代のニーズをしっかり掴んだモデルで、“誰が使うのか?”“どんな音楽をやるのか?”と言った設計コンセプトが明確に感じ取れるディストーションである。デスメタルやラウド系をプレイする場合に大型スタック・アンプを使用しなくても、本機とローランド・アンプJC-120の組み合わせで充分に満足できるサウンドが得られる。EQはドロップ・チューニング等が意識され、ハイゲイン・ディストーションながら、バッキングでもソロでもバランスの良いサウンドを生み出す。基本的なサウンドは十二分に歪んでいるにも関わらず、ギターのボリューム操作にも的確に反応できる自然さがある。非常に洗練されており、さすがはボスと言うべきモデルだ。

05_BOSS_ML-2.jpg
価格=オープンプライス
(記事掲載時の価格です)

sfnavi_2010.gif

■セッティング

Leftトラック(バッキング)
・Distortion=6
・Level=5
・Low=5
・High=6

Rightトラック(ソロ)
・Distortion=7
・Level=4
・Low=4
・High=6

掲載/月刊『Player』2010年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2010」
サウンド・ファイル収録日/2010年5月
演奏/Player編集部 細江高広


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。