PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

◆OKKO ◇Diablo Boost+

高いサウンド・クオリティーで発売から3年を経た現在でも、熱い注目を浴びているのが、ドイツ発ブランド、オッコだ。妥協なくクオリティを追求し、デザイン/サウンド共に確固たる地位を確立した。ディアブロ・ブースト+は、代表機種のバリエーション・モデルで、オペアンプに頼らない独自のディスクリート回路により、アンプライクで上質なハイゲイン・ディストーションを生む。動作電圧を切り替えコンプレッションを変えるヘッドルーム・スイッチなど、独自の音作り機能が充実。アンプの歪みに頼らないエフェクト単体での音作りも特筆すべき点で、さらに高性能なブースターも搭載している。アンプとのマッチングを取れる、内部トリマーも大きなアドバンテージだ。

OKKO_DiabloBoost.jpg

価格=62,475円
(記事掲載時の価格です)

sfnavi.gif

■セッティング
Leftトラック(バッキング)
・FEED=6.5
・BODY=6
・GAIN=6
・+=5
・TONE=6
・LEVEL=5
・LO-HI=Lo
・+=off
・GO!=on
Rightトラック(ソロ)
・FEED=8
・BODY=6
・GAIN=7
・+=8
・TONE=7
・LEVEL=5
・LO-HI=Hi
・+=on
・GO!=on

掲載/月刊『Player』2009年7月号
特集「とことん歪んでもらいます2009」
サウンド・ファイル収録日/2009年5月
演奏/Player編集部 細江高広


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。