PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

◆weed ◇Sweet DRIVE

エフェクターのモディファイで高い人気を誇るweed、待望のオリジナル・モデルの歪みエフェクターがスウィート・ドライブだ。発売と同時にマニアから熱い注目を浴びている。ゲインの調整によって、ピッキング・ニュアンスのみでクリーンと気持ち良いクランチを使い分けることができるほど、繊細なレスポンスを備えたサウンドを作り出せる。ゲインを上げればコンプレッションが増強され、豊かなサステインと滑らかで弾きやすいサウンドが得られ、チューブ・アンプに近い特性を感じさせる。ハイグレードなスペックのパーツを使用し、サウンドの質感の高さと共に低ノイズを実現。ダンピング・コントロール・スイッチは、アンプよって異なった低音域の質感を切り替えできる。

33,600円
(価格は記事掲載時の価格です。)

SweetZone.jpg

【サウンドファイル】
sfnavi.gif

■セッティング
Leftトラック(バッキング)
 ・Level=5
 ・Drive=6
 ・Tone=6.5
 ・Dumping=Up
Rightトラック(ソロ) 
 ・Level=4
 ・Drive=7
 ・Tone=5
 ・Dumping=Down

■掲載/月刊『Player』2009年7月号
 特集「とことん歪んでもらいます2009」
■演奏/細江高広(月刊『Player』編集部)
■収録日/2009年5月


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。