PLAYER ON-LINE HOME > Effector
Player Effector

◆TDC ◇TDC-002 Crunch Driver

大阪のスタジオ ユーのプロデュースによるTDCのニュー・モデル。ワイドレンジなオーバードライブといったイメージのキャラクターで、単体でも切れが良く低音域の迫力がある太いクランチ・サウンドがクリエイトできる。トーン・コントローラーの設計も秀逸で、フルに近づけた際のエッジの立ったサウンドから、ツマミを絞った際のウォームな音色まで幅広いポイントに有効で、感覚的な調整で音作りを行える。TDC001と同じく、ロー・ノイズICとゲルマニウム・トランジスタを組み合わせた回路により、ヴィンテージ・テイストとモダンな高性能の2つの側面のメリットを併せ持つ設計となっており、そのコンセプトがサウンド・キャラクターとして良好な形で発揮されている。

価格=オープン・プライス
(価格は記事掲載時の価格です。)

TDC002CrunchDriver.jpg

【サウンドファイル】
sfnavi.gif

■セッティング

■掲載/月刊『Player』2009年7月号
 特集「とことん歪んでもらいます2009」
■演奏/細江高広(月刊『Player』編集部)
■収録日/2009年5月


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。